糖質制限したい人は、すればいいと思います

糖質制限、かなりメジャーになってきましたね

巷には糖質オフの製品が溢れ、健康になりたいなら糖質制限! みたいな流れが出来つつありますよね。

私も一時期、かなりストイックに糖質を制限していました。

でも、私には極端な糖質制限は良くなかったです

現在は、自分には過度な糖質制限は良くなかったと思っています。

理論上は下がるはずのHbA1cは、全然下がりませんでした。

いったんは痩せましたが、その後徐々に増量しました。

肝臓の具合も悪くなりました。

理論通りにいかないのは不思議だなぁと悲しかったです。

糖質制限がブームになっている中でも、私のように、糖質を制限してるのに、言われているような効果がない方や、かえって体調が悪くなる方もいるはずです。

過度な糖質制限のデメリットを発信することも大切

MEC食外来を担当されている福田先生は、行き過ぎた糖質制限で体調が悪くなった方のケースを、ブログやFacebookに、積極的に投稿なさっています。

先日は、学会で糖質制限と甲状腺機能の低下について発表されました。

2018.11.24日本甲状腺学会で演題発表しました。「糖質制限でコレステロール上昇するのは、甲状腺機能低下症が原因」 - MEC食ドクター福田世一 プチMEC食のススメ
MEC食による病気の改善や健康情報を発信します。 四街道徳洲会病院 MEC食外来は完全予約制。電話で予約を【電話番号】043-214-0111 毎週金曜午前に診療しています。 

糖質制限をしていて、思うような結果がえられない人に向けての、糖質制限が上手くいかないケースの発信はとても大切なことだと思います。

糖質制限を推進するためにも、デメリットの発信は不可欠

糖質制限のメリットを感じているのならば、糖質制限を健全に実践するためのノウハウを積み上げるために、適応するケース、しないケースの科学的なエビデンスに基づいたデータの蓄積は絶対に必要です。

過度な糖質制限は私にはあっていませんでしたが、過剰な糖質摂取はしていません。糖質をとりすぎるデメリットは感じているからです。

なぜか素人さんが釣れる

何故なのか不思議なのですが、糖質制限のデメリットの開示に、なぜかヒステリックに噛み付いてくる素人さんを散見します。

もしご自分に糖質制限があっているのなら、粛々と実践すればいいし、あわなければやめればいいだけのこと。

職業として、顔も名前も出して責任を持って発信している方たちに向かって、もっと勉強した方がいい、などと無礼な発言をされている方もいて、本当に驚かされます。

糖質制限に自信があるなら粛々と実践すればいいだけのこと

もしかして、ご自身が実践している糖質制限に自信が無いので、デメリットについて書かれると、ヒステリックに反論したくなってしまうのかしら?なとど考えてしまいました。

調子がいいなら、その事についてどんどん発信すればいいと思います。

糖質制限を暖かく見守って欲しいです

糖質制限という、今までとは違う健康へのアプローチが見つかりつつあるのですから、全体の推進を暖かく見守ることは出来ないのでしょうかねぇ?

なんか、久しぶりにつらつらと考えてしまいました。